看護師のヒストリーを知る~ナースを目指して高齢者の役に立てる~

Job Medical

看護師市場

少子高齢化の為高齢者がこれからもたくさん増えてきます。そのため、病院では、多くの看護師を必要としているので、色々なところで求人が出てきています。看護師を目指している人にとっては良い機会です。

詳しくはココ

費用をかけずに

看護師の求人情報を上手に探す方法の一つに、サイトを利用する方法があります。こうしたサイトは無料で利用できるところも多いので、無料で様々な看護師求人情報を得ることが出来るようになっています。

詳しくはココ

施設のことを知る

看護師として働くのなら、施設のことを理解した上で求人を探したほうがいいでしょう。そうしないことには、自分に合った職場を見つけることはできませんし、働き始めると思っていた職場ではなかったということもありますので施設のことは調べましょう。

詳しくはココ

傾向を知って応募

給料など待遇の傾向について

どの病院であっても求人の中でもパートやアルバイトの雇用形態で募集する案件は少なくなく、大阪などの都市部では時給2000円程度で働き手を集めるケースもざらです。一般職のアルバイトに比べれば格段と待遇が良いので看護師にお中には正規雇用に対する意欲を持たず長期に渡ってアルバイトで生計を立てるつもりでいる者も少なからず存在します。 何より看護師の場合は病院勤めということもあって多くの場合は一般企業よりも経営基盤が盤石な中で働いている形になります。それこそ単に激務に耐えられない、体調を崩したなどの自己都合のケースを除いて職を失う恐れはありません。寧ろ自身が無くて辞めたくなっても必死で慰留された結果として職が長続きするパターンが決して珍しくもありません。

これまでの歴史や変遷

看護師求人の歴史を知るためにはまず現代における看護師の概念を知ってく必要があり、1950年に日本初の看護師試験が実施された時こそがその概念の成立という考えもあります。このころから看護師の概念が生まれたものの、看護師求人が一般に出回るようになったのは昭和時代後期からのことであります。それ以前は看護師というと徒弟制度の下で就業する存在であり、求人を公開して外部から既に職能として完成した人物を呼び寄せるという発想自体有り得ませんでした。 ところが現在では医療の発達もあって常日頃より求人を公開して人手を集めなければ現場が成り立たなくなっております。裏を返せば人手不足故に看護師の免許を持っていればどんな経歴の持ち主であっても雇ってもらうことが期待されるのが現状であり、そうなれば人1人が身を立てることはまるで不可能ではないということになります。